のびーくの思い

「学校に行きたくない」
お子さんにそう言われたら、どうしますか?

「『不登校』になっちゃった」「この先、どうなるのだろう」
と、心配になるかもしれません。

でも、「学校」は学ぶための「選択肢の一つ」だと思います。
大事なのは「学校に行くこと」ではなく「学ぶこと」ではないでしょうか。
合わないのに、無理してまでいっても自信をなくすばかりで、
学びからますます遠ざかってしまいます。

勉強は、学校でなくてもできます。あとからでもできます。
友達も、放課後の遊び場や習いごとなど、学校以外の場でもできます。

「学校に行きたくない」という意思表示を
「自分らしく生きるための勇気ある一歩」だと前向きに受け止めてみませんか。

そして「どうしたら学校に行けるか」でなく
どのようにして自分らしく充実した時を過ごすかを、考えてみませんか。

私たちも、その一つの選択肢であれたらと思っています。

じっと過ごすときも必要かもしれません。
そこから一歩踏み出そうとしたときに、安心してチャレンジできる機会を提供し、
成長につなげたいと考えています。

そろそろ動き出そうかなあ、と思ったら、
一度、のびーくフリースクールにきてみませんか?

代表メッセージ

不登校の小中学生が増え続けています。興味や関心、学ぶペース、得意なこと、苦手なことなど、ひとりひとりちがう子どもたち。学び方も、それぞれにあったものを選べるようになるといいですよね。

「もっと自分の頭で考えさせてくれたらいいのに」
「大きくなったら、教育をもっと面白いものに変えてやろう」

中学生の頃、そんなことを思っていました。

「新しい教育」を志し、教育学部に進学しました。卒業後は、国内外で「フリースクール」といわれる学校を見て回りました。

アメリカのとあるフリースクールのフィールドトリップに同行した際、訪問先で質問をほめられた女の子が、「だって私たち、フリースクールで勉強してるんだもん」と答えたときの誇らしげな表情は、今でも忘れられません。そして、大人と子どもが同じ土俵で意見を交わすミーテイングも、印象的でした。

こんな学び場を創りたい。そう思いながら、様々な教育の場に関わり、様々な子どもたちと出会い、2014年個別学習教室を、2018年フリースクールをスタートしました。

「学校に行かないこと」や「学校以外の場所に通うこと」を、誰もが堂々と選択できるようになればいい。願ってきたとおり、選択肢が少しずつ増え、選べるようになってきているように思います。

のびーくフリースクールの子どもたちの歩みを応援することで、すべての子どもたちが、自分らしい学び方を自由に選べ、のびのびと成長していけるような社会づくりに貢献していきたいと考えています。

のびーくフリースクール 代表 東 美希

スタッフ紹介

東 美希

のびーくフリースクール代表

教育学部卒。教育専門紙記者を経て、野外教育活動、青少年のボランティア活動、ビジネスリーダーを対象としたリーダーシッププログラムの企画運営に携わる。その後、発達に課題を抱える子どもたちの学習指導に携わったことから、個別指導塾「学び舎しゃんてぃ」を開き、その後「しゃんてぃフリースクール」をスタート。合同会社のびーくを設立。

子どもが好きで、学生時代から子どもの活動に関わってきました。夢中で創ったり、思いっきり体を動かしたり、仲間とぶつかったり、成長への道すじを、安心して味わってほしいと思います。失敗しても大丈夫。ひとりひとりの気持ちを大切に向き合い、応援していきます。

石塚 愛

サポートスタッフ

 

社会科常勤講師として高等学校に3年間勤務。その後の子育て中に家庭文庫に出合い絵本の魅力にひきこまれ、蔵書は絵本だけで1000冊を超える。自宅にて絵本の読み聞かせも開催(現在コロナで休止中)。

身体を動かすことも得意。子どもたちと本気でドッヂボールをするのが楽しみの一つ。子どもたちが日常を楽しみ、小さな発見を喜び、互いを認めあう環境のなかで成長していけるように、そして様々な経験を通して自分の魅力や可能性に気づけるように、学びの場を支えていきたいと思います。